テーマと趣旨

第23回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム テーマ
メガイベントのセキュリティ対策
~デジタル時代のイベントに対して、我々は何をすべきか~

≪趣旨≫

ラグビーワールドカップ2019や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と、世界的なメガイベントが日本で開催される予定となっており、国を挙げて情報セキュリティ対策が進められています。

これまでのオリンピックでは、サイトを狙った「DDoS攻撃」やユーザーを狙った「フィッシング詐欺」が大きな問題となっていました。
今後のイベントでは、電力や交通、通信ネットワークといったインフラを狙ったサイバー攻撃が懸念されており、AIを利用したサイバー攻撃や新たな機能を付加したランサムウェアによる攻撃にも警戒が必要とされています。
また、人種差別や排外主義がますます広がることも予想され、観客が会場で閲覧するフェイクニュースが原因となる混乱やデモ・暴動の発生も気がかりです。
さらに、仮想通貨が使える自動販売機や改札機が増えてきたときの、仮想通貨の流出などによるトラブルも大きな事態に発展しかねません。

予想される多様なサイバー攻撃を想定して、各分野の専門家からご意見ご提案をいただき、夜の部では講師を囲んでの話し合いを楽しみたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

  • ご協賛企業

    デトロイトトーマツリスクサービス
    Sky株式会社
  • ご協賛企業

    株式会社ブロードバンドセキュリティ
    株式会社インテリジェントウェイブ
    日本シノプシス合同会社
    オープンテキスト株式会社
    スプランク サービス ジャパン合同会社
    クオリティソフト株式会社
    シスコシステムズ
    CrowdStrike Japan株式会社
    NEC 日本電気株式会社
    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
    LINE株式会社

    特別協賛

    ジェイズ・コミュニケーション
    Ruckus Networks

    道場提供スポンサー(役務協賛)

    株式会社ラック

    @シグナル株式会社

    株式会社シマンテック

    株式会社フォーカスシステムズ

    株式会社インターネットイニシアティブ (IIJ)

    株式会社ワイ・イー・シー

    株式会社サイバーディフェンス研究所

    株式会社くまなんピーシーネット

    株式会社FRONTEO

    株式会社ラネクシー

    トレンドマイクロ株式会社

    株式会社ディー・ディー・エス

    (ISC)2

    株式会社ENNA

    ヴイエムウェア株式会社

    AOSリーガルテック株式会社

    株式会社アズジェント

    株式会社サイバーリンクス

    アドソル日進株式会社

    エフセキュア株式会社

    和歌山ゼロックス株式会社


    株式会社ラック

    株式会社Traffic Comfort

  • 関連イベント



  • 前回開催