セキュリティ道場

第23回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム セキュリティ道場 in 白浜(株式会社ラック 提供)

昨年まで、「入門編」「実践編」に分かれていましたが、今年は「前編」と「後編」で、1つのカリキュラムとなっております。
前編のみ、後編のみの受講はできませんので、予めご了承下さい。

カリキュラム案

※開催までに内容を一部変更する可能性があります。

概要

デジタルフォレンジックによる調査でどのようなことが判明するのかを学びます。
演習を通じて調査の限界の一例を確認していただき、EDR(Endpoint Detectionand Response)を使用した調査手法も体験していただきます。

内容
<前編>※1日目 10:00~12:00

後編の演習に必要なデジタルフォレンジックの基礎について学びます。
Windows端末を対象とし、削除されたファイルが復元可能な仕組みやプログラムを実行した痕跡の確認方法などを取り上げます。(座学および実機演習)


<後編>※3日目 10:00~15:00

企業内端末から営業秘密と考えられる機微情報が漏えいした想定で、情報漏えいに関する痕跡を調査する実機演習です。
演習前半はデジタルフォレンジックの技術を用いた調査を実施していただき、後半は同一想定をEDR(Endpoint Detection and Response)のログ調査機能を使用して、どのようなインシデントだったのかを確認します。


募集人数

30名

講師

 佐藤 敦(CISSP, CFE 株式会社ラック サイバー救急センター)
 高松 啓(EnCE 株式会社ラック セキュリティアカデミー)
 白鳥 まどか(GCFE 株式会社ラック サイバー救急センター)

  • ご協賛企業

    デトロイトトーマツリスクサービス
    Sky株式会社
  • ご協賛企業

    株式会社ブロードバンドセキュリティ
    株式会社インテリジェントウェイブ
    日本シノプシス合同会社
    オープンテキスト株式会社
    スプランク サービス ジャパン合同会社
    クオリティソフト株式会社
    シスコシステムズ
    CrowdStrike Japan株式会社
    NEC 日本電気株式会社


    道場提供スポンサー(役務協賛)

    株式会社ラック


    @シグナル株式会社

    株式会社シマンテック

    株式会社フォーカスシステムズ

    株式会社インターネットイニシアティブ (IIJ)

    株式会社ワイ・イー・シー

    株式会社サイバーディフェンス研究所

    株式会社くまなんピーシーネット

    株式会社FRONTEO

    株式会社ラネクシー

    トレンドマイクロ株式会社

    株式会社ディー・ディー・エス

    (ISC)2

    株式会社ENNA

    ヴイエムウェア株式会社

    AOSリーガルテック株式会社

    株式会社アズジェント

    株式会社サイバーリンクス

    アドソル日進株式会社

    エフセキュア株式会社


    株式会社ラック

    株式会社Traffic Comfort

  • 関連イベント



  • 前回開催