テーマと趣旨

第21回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム テーマ
『先見の明 IoT&AI犯罪の被害者をどう救うのか?』

≪趣旨≫

現在、通信機能を組み込んだ「モノ」が、ネットワークに接続して動作するIoTや、ビッグデータとAIが連携した高度なサービスが急速に普及しつつあります。

今後、ネットワークを経由した「モノ」へのサイバー攻撃が急速に増大し、同時にビッグデータを活かしたAIを取り入れた高度で複雑なサービスも攻撃の対象となることが懸念されます。

このようなネットワーク利用の大きな変革期に当たり、当シンポジウムではIoTやAI に関わるサービスがサイバー攻撃に直面した際に想定される最悪の事態を提示していただき、それに対する対策や被害者の救済策などを講師の方々を囲んでみんなで考えたいと思います。

皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

  • 協賛企業

    デロイトトーマツリスクサービス株式会社

    Cybercrime Investigation Body of Knowledge編集委員会

  • 協賛企業

  • 関連イベント



  • 前回開催